> 最新情報 > 業界のIRニュース > クリエイトSDHD-2019年5月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

業界のIRニュース

クリエイトSDHD-2019年5月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

2019.07.08

株式会社クリエイトSDホールディングスの当連結会計年度における業績は、売上高286,299百万円(前年同期比6.8%増)、営業利益は14,241百万円(同2.7%増)、経常利益は14,623百万円(同2.7%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は9,719百万円(同1.9%増)となった。

ドラッグストア事業の売上高については、新規出店による店舗数増加や調剤部門が堅調に推移したことにより増収となった。一方、利益面については、専門性として強化している調剤部門の伸長や販促の見直しなどにより売上総利益率が前期を上回ったこと及び人時数をコントロールして人件費の上昇を小幅に抑えたことにより前期を上回る結果となった。また、店舗展開については、生鮮食品を取り扱う専門店と協業した店舗や、前期から展開しているビューティ強化型の新業態Cremo(クレモ)などを含め44店舗の新規出店を行った。一方で契約期間満了により2店舗、経営効率化の観点から2店舗の閉鎖を行った。

調剤薬局については、地域医療に貢献するため、健康サポート機能を有する「かかりつけ薬局」を目指し、薬剤師の育成に注力するとともに地域での医療連携の強化及び在宅医療への対応拡大を推進。それに伴って、処方箋応需枚数も順調に増加した。また、店舗展開については、ドラッグストアへの併設調剤薬局を25店舗開局した。一方、契約満了によりドラッグストアへの併設薬局1店舗、経営効率化の観点から調剤専門薬局を1店舗を閉局した。

以上の結果、当連結会計年度末の同社グループの店舗数はドラッグストア599店舗、調剤薬局では調剤専門薬局35店舗、ドラッグストアへの併設調剤薬局173店舗の合計208店舗となり、有料老人ホーム事業では介護付有料老人ホーム2施設、デイサービス事業ではデイサービスセンター39施設となった。

MACアドバイザリーは、
皆様の良き相談相手になりたいと考えています。

秘密厳守いたします。お気軽にご相談ください。最新の調剤薬局動向・薬局M&A相場などわかり易くご説明させていただきます。

受付時間:
平日9:00~19:00

03-5532-2511

お問い合わせフォーム