> 最新情報 > 業界のIRニュース > アインHD-2020年4月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

業界のIRニュース

アインHD-2020年4月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

2020.03.04

株式会社アインホールディングスの当第3四半期連結累計期間における業績は、売上高2,200億8千5百万円(前年同期比8.7%増)、営業利益124億4千7百万円(同4.5%増)、経常利益130億8百万円(同4.7%増)となり、また、親会社株主に帰属する四半期純利益71億1千万円(同4.9%増)となった。

本年4月の調剤報酬改定では、地域におけるかかりつけ機能に応じた適切な評価と対物業務から対人業務への構造的な転換を推進することを目的として評価の重点化と適正化が行われる見込みであるため、同社グループでは、引き続き、「かかりつけ薬剤師・薬局」としての機能を発揮するべく、地域医療連携、お薬手帳等を活用した薬剤に関する情報の一元的・継続的な把握とそれに基づく薬学的管理・指導の強化及びジェネリック医薬品の使用を促進している。営業開発においては、大型薬局の積極的な出店とM&A基準の引き上げに加え、小規模店舗の撤退を出店戦略として見直しを行い、さらなる事業規模の拡大と店舗運営の効率化を推進しております。当第3四半期連結累計期間の売上高は、1,967億5千3百万円(前年同期比9.7%増)、セグメント利益は155億6千9百万円(同15.4%増)と増収増益となった。

同期間の出店状況は、M&Aを含め、グループ全体で合計14店舗を出店するとともに、店舗運営の見直しにより16店舗を閉店、29店舗を事業譲渡したことで、同社グループにおける薬局総数は1,101店舗としている。

MACアドバイザリーは、
皆様の良き相談相手になりたいと考えています。

秘密厳守いたします。お気軽にご相談ください。最新の調剤薬局動向・薬局M&A相場などわかり易くご説明させていただきます。

受付時間:
平日9:00~19:00

03-5532-2511

お問い合わせフォーム