> 薬局の業界環境 > 薬局業界の変遷

薬局業界の変遷

1970年代からの薬局チェーン化、そして90年代の急激な出店攻勢により、薬局の市場が大きく成長し、その後、ドラッグストアの大型店化・安売り攻勢・ M&A等により、更なる寡占化が促されました。一方、調剤薬局は1990年代後半の医薬分業の加速によりチェーン化が進み、調剤薬局市場が急拡大、それから30年近くが経った現在、現在約57,000軒とコンビニエンスストアの約54,400軒を超える店舗数となっております。
調剤薬局業界は、上場大手クラスといわゆる“パパママ薬局”と呼ばれる家業経営との二極化の時代を迎えています。
医薬分業も落ち着きを見せてきた昨今、調剤薬局市場は成長期から成熟期へと移行すると共に、再び大きな業界再編時代が到来しました。

ビジネスの世界では、あらゆる変化に適応してきた企業だけが永続し発展して来ました。
今後、更なる収益減が叫ばれる薬局業界において、生き残るための戦略とは何なのでしょうか?

MACアドバイザリーは、
皆様の良き相談相手になりたいと考えています。

秘密厳守いたします。お気軽にご相談ください。最新の調剤薬局動向・薬局M&A相場などわかり易くご説明させていただきます。

受付時間:
平日9:00~19:00

03-5532-2511

お問い合わせフォーム