> お客様の声 > 対談 > 西山俊雄様

対談

薬剤師の息子のためにも譲渡を決断

元調剤薬局オーナー 西山俊雄様

西山俊雄

薬剤師・元薬局経営者

一日400枚超の店舗をはじめ、約30年にわたり調剤薬局を運営。ご子息は、医師と薬剤師のため親族内承継も可能であったが、業界の将来性などを総合的に考え、1店舗を残して大手調剤薬局の傘下入りを決断。

譲渡後しばらく経ちましたが、今になって譲渡について感じていることをお聞かせください。

花木君とは、もう10年くらいの付き合いになるかな。その間にほぼ全ての大手調剤薬局や色んな仲介会社から直接接触が有ったけど、あのタイミングで譲渡を決断したのは良かったと改めて思うね。あなた達に出会えたことも運が良かったし、任せて良かったとも思っているよ。

ありがとうございます。そのお言葉を頂けるのが一番うれしいです。色んな仲介会社や大手薬局にお会いされていた中で、当社を選んで頂いた理由はどこですか?

一番は、こちらの話を良く聞いてくれたことかな。例えば、会社のことだけではなく、私の家族のことを含めた私自身のことに一番親身になって考えてくれたこと。何せ、決断するまで8年も待たせたからね(笑)。あとは、薬局専門特化ならではの豊富な実績だね。花木君も薬局を自ら運営しているだけあって、他の仲介会社と比べて薬局への理解度が全く違うし、大手企業とのパイプや交渉力も全然違うでしょ。だから、話が早いし、納得の結果になったと思うんだよね。私の旧知の経営者を何人も紹介出来るのも、揺るぎない信頼関係が築けたからだよ。

息子さんが薬剤師でいらっしゃる中でのご決断は、どういったお考えからですか?

業界の将来リスクを考えれば、継がせるのもね・・・。薬剤師難のことも考えれば、ごく自然な選択だったかな。やっぱりさ、創業者と息子の力量の違いは、どこのオーナーも感じていることでしょ。若い息子が、年輩の薬剤師をまとめていくのは、並の努力では出来ないし、残る社員も疲弊すると思うよ。総合的に考えたら、無理に継がせる方がよっぽど不幸だよね。

業界の先行きと息子の力量を考えれば、無理に継がせる方がよっぽど不幸

8年間も悩んだ末のご決断でしたが、今検討されているオーナー様方にアドバイスがあればどんなことですか?

そうだねぇ、何事でもそうだと思うけど、まだまだ大丈夫と思っている時に動くことが大切でしょ。私の場合は、ちょうど調剤薬局のM&Aが盛り上がっていく過程で、花木君に色々なアドバイスをもらったから、タイミングとしては最高だったよね。結果的には、相場的にも一番いい時に決断できたと思っているし。要は、自分のタイミングを逃さないことだよね。勿論お金だけではないけど、今後相場が上がることは無いから、早いうちにまずは行動に移すことが成功の鍵じゃないかな。経営者として常に先々を考えておくことは必要不可欠だし、情報に疎かったら何も始まらないから、視野を広げるためにもまずは色んな話を聞いてみたらどうですか?と言いたいね。

譲渡後に変わったなと思うことは何ですか?

一言で言うと、「肩の荷が下りた」ことだね。ここ30年、時間の余裕もなかったし、万が一の事態を考えて一度も飛行機に乗らなかったけど、先日 やっと家族で海外旅行に行くことが出来たよ。朝晩土日もなく働いてきた薬局オーナーが多いと思うので、ぜひ第二の人生を謳歌して欲しいね。

譲渡後、やる事が無くなるって仰っていましたが、実際どうですか?

譲渡前はそう思っていたけど、逆に忙しくてしょうがないよ!遊びの誘いでね(笑)。それなりにやる事は沢山あって日々楽しく過ごしているよ。この 先、何年健康でいられるかは誰にも分からないし、家族や自分の人生を改めて考え直す良いきっかけになったよ。人生、何があるか本当に分からないね。

MACアドバイザリーは、
皆様の良き相談相手になりたいと考えています。

秘密厳守いたします。お気軽にご相談ください。最新の調剤薬局動向・薬局M&A相場などわかり易くご説明させていただきます。

受付時間:
平日9:00~19:00

03-5532-2511

お問い合わせフォーム