> 薬局業界について > 再編

再編

経営者の高齢化、業界先行き不安、薬剤師不足、大手調剤のM&A攻勢などを背景に、調剤薬局のM&Aは飛躍的に増加しています。
本項では、薬局業界の最新データを基に、様々な角度から調剤薬局の業界環境を考察しました。大きな業界転換期を迎え、M&Aが益々重要な役割を担う時代になってきたことがわかります。

再編

大手企業の占有率が低く、今後もM&Aが活発に行われることが予想されるが、相場は右肩下がり。

全国の薬局数は、約58,000店(コンビニエンスストアは全国で約55,000店)となっており、小規模店舗が乱立している状態です。大手調剤チェーンや、大手ドラッグストアのシェアは、トップ企業でわずか2.8%、上位10社でも15.8%(調剤薬局専業チェーン上位10社で13.8%)、全体の約7割が個人薬局で構成され、マーケット・リーダーと呼べる企業のいない低寡占市場です。但し、2016年度においては、非公表ベースの水面下で年間1,000店舗ペースでのM&Aが行われており(厚生局より当社調べ)、今後ますます寡占化が進むと予想されます。
一方、利益構造に関しましては、政府の医療費削減の方針は続くと見られ、薬価引き下げや調剤報酬の下落により、調剤薬局の利益は縮小が予想されます。規模の経済が働きやすい市場でもあるため、大手調剤チェーンのスケールメリットを求めた合併・買収は、今後も加速する見通しです。しかし、2016年、2018年の報酬改定にて、一ヵ月に40,000枚、更には400,000枚以上を応需する調剤チェーンの技術料は大きく引き下げられ、収益に大きな影響を与えました。また、2019年10月の消費増税に加え、2021年からは毎年の薬価改正がスタートする予定となり、技術料のみならず薬価差益もますます減少していく見通しです。そのような環境の中、薬局M&Aの相場もより一層の下落が予想されます。

関連コンテンツ:

調剤売上高順位表

調剤薬局
ドラッグストア
順位 社名 総売上(百万円) 調剤売上(百万円) 占有率(%) 店舗数
1 アインファーマシーズ 248,110 221,801 2.8 1,066
2 日本調剤 223,468 189,327 2.4 557
3 クラフト 168,090 161,500 2.1 756
4 クオール 131,502 120,596 1.5 696
5 スズケン 2,126,993 97,786 1.3 450
6 ウェルシアグループ 528,402 97,484 1.2 1,025
7 総合メディカル 122,216 95,831 1.2 674
8 東邦ホールディングス 1,231,046 95,807 1.2 539
9 メディカルシステムネットワーク 88,865 81,650 1.0 377
10 スギホールディングス 430,795 75,480 1.0 670
11 阪神調剤薬局 64,410 63,690 0.8 329
12 アイセイ薬局 59,230 56,500 0.7 317
13 ツルハホールディングス 577,088 54,790 0.7 417
14 ココカラファイン 377,200 48,990 0.6 249
15 マツモトキヨシホールディングス 535,133 41,450 0.5 253
16 ファーマライズホールディングス 52,949 41,222 0.5 255
17 トーカイ(たんぽぽ薬局) 104,572 40,708 0.5 124
18 フロンティア 52,340 38,180 0.5 139
19 薬樹 33,400 33,400 0.4 148
20 メディカル一光 29,480 22,020 0.3 93
  その他   6,140,988 78.5 47,866
  合計   7,819,200 100.0 58,326

※2017年度各社有価証券報告書、ドラッグマガジン等より抜粋。一部当社推計。
※詳細の把握が難しい企業については除外。

ドラッグストアの売上高順位表

NEWツルハ+杏林堂
順位 社名 売上(百万円) 占有率(%) 店舗数
NEW ツルハ+杏林堂 666,568 10.3 1,831
1 ウエルシアホールディングス 623,163 9.6 1,535
2 ツルハホールディングス 577,088 8.9 1,755
3 マツモトキヨシホールディングス 535,133 8.2 1,555
4 サンドラッグ 528,394 8.1 1,070
5 コスモス薬品 502,732 7.7 827
6 スギホールディングス 430,795 6.6 1,048
7 ココカラファインファイン 377,203 5.8 1,304
8 富士薬品 362,827 5.6 1,208
9 カワチ薬品 266,423 4.1 311
10 クリエイトSDホールディングス 231,890 3.6 502
11 クスリのアオキ 191,000 2.9 386
12 ドラッグストアモリ 124,770 1.9 244
13 キリン堂ホールディングス 116,450 1.8 344
14 中部薬品 107,110 1.6 337
15 杏林堂 89,480 1.4 76
16 サツドラホールディングス 87,840 1.4 190
17 薬王堂 74,910 1.2 221
18 ゲンキー 73,490 1.1 157
19 トモズ 65,560 1.0 152
20 セキ薬品 63,970 1.0 151
  その他 1,061,372 16.3 4,627
  合計 6,491,600 100.0 18,000

※2017年度各社有価証券報告書、ドラッグマガジン等より抜粋。一部当社推計。
※詳細の把握が難しい企業については除外。

調剤薬局市場とドラッグストア市場の売上高対比

調剤薬局市場とドラッグストア市場の売上高対比2010年

厚生労働省の統計データを参考にし、当社作成。

MACアドバイザリーは、
皆様の良き相談相手になりたいと考えています。

秘密厳守いたします。お気軽にご相談ください。最新の調剤薬局動向・薬局M&A相場などわかり易くご説明させていただきます。

受付時間:
平日9:00~19:00

03-5532-2511

お問い合わせフォーム